大学生にクレジットカードの選び方を紹介します。

大学生のクレジットカード特集

卒業旅行におすすめの学生向け三井住友VISAカード。VISAとMasterCardのデュアル発行ができるので世界中どこに行っても使える

学生が卒業旅行に持っていくクレジットカードは学生向け三井住友VISAカードがおすすめです。利用限度額が最高で60万円まで可能ですし、国際ブランドのVISAとMasterCardのデュアル発行に対応しているからです。

また、他にもおすすめおすすめの理由があるのでこれから紹介していきます。

名称 クラシックカードA(学生) アミティエカード(学生)
カード画像 三井住友VISAクラシックカードA学生の券面 三井住友VISAアミティエカード学生の券面
国際ブランド VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 一年目 無料 無料
二年目 250円(WEB明細登録で無料) 無料
ポイント 1,000円=1P 1,000円=1P
旅行傷害保険 国内
海外
その他 詳細 詳細

国際ブランドのデュアル発行ができる

学生向け三井住友VISAカードは国際ブランドをVISAまたはMasterCardから選ぶことができます。

国際ブランドは卒業旅行であれば世界シェアNo1のVISAがおすすめです。でも、国や地域によってMasterCardのほうしか使えない場合もごくまれにあるので、心配でしたら「デュアル発行」も可能です。デュアル発行はVISAとMasterCardの両方を持つことです。

このデュアル発行を学生で利用できるのは学生向け三井住友VISAカードだけです。しかも2枚目の年会費はクラシックカードA(男性)が初年度無料です。アミティエカード(女性)は在学中無料です。

年会費(VisaとMastercardを2枚お申し込みの場合)

クラシックカードA(男性)は2年目から年会費250円ですが、卒業旅行なので初年度でMasterCardのほうを解約してしまえばいいです。デュアル発行ができるのは卒業旅行に持っていくのにかなり心強いです。

他社のクレジットカードよりも利用限度額が高い

学生向け三井住友VISAカードは利用限度額が30万円迄です。他社のクレジットカードは学生だと10万円までしか利用限度額がありません。

そのため、航空券やホテルを事前に手配する際に自分のクレジットカードを利用することを考えているのであれば利用限度額の高い学生向け三井住友VISAカードがおすすめです。

また、学生向け三井住友VISAカードは卒業旅行の際に「カードご利用枠一時引き上げ(個人カード会員の方)」に対応しています。

Q&Aを見る限り「目安としては元のカード利用枠の2倍程度」と書かれているので最高で約60万円の利用限度額が可能です。

利用限度額が60万円まであれば卒業旅行で使うには十分な金額ではないでしょうか。利用限度額は1万円ずつ増額できるのでご自身に合わせて変更できます。

ただ、利用限度額の一時引き上げは学生だと原則として電話でのお申し込みで、さらに親権者の同意確認が必要となります。

親権者の同意確認はカード会社が親に子どもがクレジットカードの利用限度額を上げようとしているけど、あなたたちはご存知ですかと確認があるということですね。

これは子どもが銀行口座にお金があることを両親に伝えてから親と一緒に利用限度額の一時引き上げに電話をかければ何も問題ないです。

学生向けだから卒業旅行のために作りやすい

学生向け三井住友VISAカードは「学生向け」とあるように学生しか作れない限定的なクレジットカードです。社会人は作れません。

なぜ“学生”という限定を設けてあるのかと言うと本人の所得によって審査の影響を受けないことを表しています。

クレジットカードは普及率が低いので、普及率を上げる為に若年層の内からクレジットカードを利用してもらって利便性に気が付いてほしいので学生の内は非常に作りやすく優遇されています。

この優遇を「誰でも作れる」という表現は誤解を招くので学生向けと言い方を変えています。だから卒業旅行に行くのであれば確実にクレジットカードが作れるであろう学生向けクレジットカードがおすすめです。

学生向け三井住友VISAカードは学校を卒業後もそのままクレジットカードが使えるようになっているので、学生向けだからと言って一般的なクレジットカードと比較して何かが劣っていたり、何かが制限されていたりしません。めちゃくちゃお得です。

ICチップに対応している

学生向け三井住友VISAカードは「ICチップ」に対応しており、ヨーロッパ諸国に卒業旅行に行くのであれば非常に相性が良いです。

ヨーロッパ諸国ではICチップと暗証番号を利用した手続きが主流であるためICチップを搭載していないクレジットカードは店側に利用を断られてしまいます。

年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯

学生向けクラシックカードAとアミティエカードは死亡傷害・後遺障害の場合に限り一部だけ利用付帯になります。その他の傷害治療費用、疾病治療費用などは自動付帯になります。

自動付帯とは学生向けクラシックカードAやアミティエカードを所持しているだけで自動的に海外旅行傷害保険が適用されることを言います。ただ、持っているだけでいいんです。

対義語の利用付帯は学生向けクラシックカードAやアミティエカードを所有しているだけでは保険対象にはならず、渡航費用やツアー代金をクラシックカードAやアミティエカードで支払うことを条件に海外旅行傷害保険が適用されます。

基本的に年会費が無料のクレジットカードは利用付帯しかありません。自動付帯だと採算が取れないのでしょう。でも、学生向けクラシックカードAとアミティエカードは年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯です。なので卒業旅行に持っていくクレジットカードとしておすすです。

ただし、海外旅行傷害保険の内訳を見るとお世辞にも良いとは言えません。ですが、保険は旅行会社などで別に加入しておけばクレジットカードの保険と旅行会社の保険を合算して利用できるのでもしものときに助けになります。

クレジットカード 傷害死亡/後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任 携帯品損害 救援者費用
自動付帯 利用付帯
クラシックカードA
(自動付帯)
300万 1,700万 100万 100万 2,500万 20万 150万
アミティエカード
(自動付帯)
300万 1,700万 100万 100万 2,500万 20万 150万
  • 傷害死亡・後遺障害:事故で死亡または障害が残ったとき
  • 傷害治療費用:事故でケガをしたとき
  • 疾病治療費用:旅先で病気になったとき
  • 賠償責任:ホテルの備品を壊してしまい損害賠償を請求されたとき
  • 携行品損害:所持品の盗難被害にあったとき
  • 救援者費用:旅先で7日以上続けて入院したときや家族が駆けつけたとき

セキュリティ性が高い

学生向け三井住友VISAカードはICチップが搭載されているのでカードの偽造ができません。盗難被害による不正使用もカード会社の不正検知システムによって不自然なキャッシングや買い物をした場合は強制的にカード決済が無効にされたり、確認の電話をしてきたりします。

だから海外で安全に利用できます。でも字面でセキュリティ対策の説明を見ても本当に大丈夫なのかなって思いますよね。でもまだこれだけじゃないんです。

不正検知システムをくぐり抜けて万が一お金を使われた場合は「会員保障制度」によって不正利用の申告時から60日までさかのぼって不正された金額をすべて補償してくれます。

三井住友VISAカードはセキュリティ面に自信があるから「もし不正利用されたら全額補償します」と謳っています。

学生向け三井住友VISAカードの詳細

コールセンターへの通話料はコレクトコールで無料

学生向け三井住友VISAカードは海外でクレジットカードを紛失してしまったり、盗難被害にあってしまったりしたときのためにコールセンターが用意されています。

このコールセンターは年会費無料のクレジットカードだと話し中で繋がりにくかったり、通話料が有料だったりと本当に使いにくいです。

でも三井住友VISAカードは学生向けクレジットカード以外だと年会費が必要なクレジットカードしかないのでコールセンターの規模と質は日本で一番良いです。

それに海外からのコールセンターへの電話も通話料金を着信者に負担してもらうコレクトコールで電話することになるので通話料無料でコールセンターに電話して困ったときの指示を仰ぐことができます。

また、渡航中にクレジットカードの再発行を依頼する場合は1万円でお願いすることができます。

三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)(海外)のご案内

名称 クラシックカードA(学生) アミティエカード(学生)
カード画像 三井住友VISAクラシックカードA学生の券面 三井住友VISAアミティエカード学生の券面
国際ブランド VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 一年目 無料 無料
二年目 250円(WEB明細登録で無料) 無料
ポイント 1,000円=1P 1,000円=1P
旅行傷害保険 国内
海外
その他 詳細 詳細

-クレジットカード

Copyright© 大学生のクレジットカード特集 , 2019 AllRights Reserved.