大学生にクレジットカードの選び方を紹介します。

大学生のクレジットカード特集

大学生が初めて作るのにおすすめのクレカ4選

大学生が初めてクレジットカードを作ろうと考えたときカードに対して詳しい知識がないから最初に何を基準に選んだらいいのか分からないと思います。

クレジットカードはネットショッピングやMVNO(SIMフリー携帯)の支払い、ETCカードなど使い道が多いから1枚は是非とも作っておきたいですいよね。

でも、クレジットカードは全部で数千種類も存在し、年会費や審査基準、限定特典、カードデザインなど多くの項目がカードごとに異なるので、自分に合ったクレジットカードを探し出すのは骨が折れる作業になります。

だから、このサイトでは「大学生」が初めての1枚として作るのにおすすめのクレジットカードを4つに厳選して紹介します。

学生専用カードの存在を知っていますか?

クレジットカードの仕組みとして利用した金額は自分の口座残高と関係なく月末に後払いで支払う事になる。だから、クレジットカードを持つには毎月きちんと返済できる安定した収入が必要になる。

でも、大学生は安定した収入がないので返済能力(社会的信用)が低く見られ、カードを作るための審査段階で弾かれる事が多い。

そのため各カード会社は大学生のために「学生専用カード」と呼ばれる学生期間しか作れない特別なクレジットカードの提供を始めました。

学生専用カードの特徴は利用限度額が月額10万円~30万円と一般的なクレジットカードと比べるとかなり低額に設定され、年会費も無料または250円以下と低めに設定されている。だから学生なら一般カードを作るよりもカードが作りやすくなっています。

これは学生のアルバイトやお小遣いでも毎月の返済ができる範囲内である事と初めてクレジットカードを持ってみることへの不安感をやわらげるために配慮した結果です。

逆に言えば利用限度額と年会費が大学生でも支払えるように低く設定されているので企業側としても利用者の拡大につながりWinWinの関係になっています。

だから大学生が初めてクレジットカードを作るなら学生期間中にしか作れない学生専用カードで作るべきです。そのほうが返済能力(社会的信用)で判断されないのでクレジットカードが作りやすくなります。

大学生が初めて作るのにおすすめのクレカ4選

名称 デビュープラス(18歳~25歳) クラシックカード(学生) クラシックカードA(学生) アミティエカード(学生)
カード画像 三井住友VISAデビュープラスカードの券面 三井住友VISAクラシックカード学生の券面 三井住友VISAクラシックカードA学生の券面 三井住友VISAアミティエカード学生の券面
国際ブランド VISA VISA、MasterCard VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 一年目 無料 無料 無料 無料
二年目 1回使うと無料 無料 250円 無料
ポイント 1,000円=2P 1,000円=1P 1,000円=1P 1,000円=1P
旅行傷害保険 国内 × ×
海外 ×
不正利用 盗難・紛失
ネット補償
その他 詳細 詳細 詳細 詳細

三井住友VISAデビュープラス(学生)の特徴

三井住友VISAデビュープラスカード

デビュープラスは学生専用じゃなく18歳から25歳までの学生や新社会人しか作れない特別なクレジットカード。

初めてカードを作る人のために海外旅行傷害保険などの特典がないシンプルなカードになっているが、その代わり他の三井住友VISAカード(学生)と比べるとポイントが2倍貯まるようになっているのが特徴。

ポイントは1ポイントで3円にキャッシュバックして使えるし、楽天ポイントなどに移行するなら1ポイントが5円相当になる。

また、デビュープラスを25歳まで持ったままいるとゴールドカードの更新お知らせが届く。普通なら求められる審査基準が高いゴールドカードをデビュープラスを使い続けてくれたという理由で使いませんかと招待がくる。

その他の三井住友VISAカード(学生)の特徴

三井住友VISAクラシックカード学生
三井住友VISAアミティエカード学生

クラシックカードAは年会費が250円になっていますが紙の明細書に代えてメールで支払い金額の確定を受け取るWEB明細にすると年会費が無料になるので実質すべてのカードが年会費無料です。

そのため旅行傷害保険だけが3つのカードの中で異なる点です。初めてのクレジットカードということで旅行傷害保険を想定していなかったのであれば、大は小を兼ねると言うように「クラシックカードA」をおすすめします。

ピンク色のカードデザインをしたアミティエカードは女性限定のため男性は作れません。ただし女性はアミティエカードとクラシックカード(A)の両方から選ぶ事ができます。

”使いすぎ”が心配でも常に確認できる

クレジットカードを初めて持ったら使いすぎちゃうんじゃないかと心配する方が中にはいますが、スマホで利用明細を常に確認できるので利用状況に応じてクレジットカードの利用を抑えることができます。

また、クレジットカードの発行後に利用限度額を低く設定する事もできるので使いすぎを防ぐことができます。

利用限度額以上はクレジットカードで支払いすることができないので使いすぎる事が心配でも安心して使えます。

三井住友VISAカードのセキュリティ対策

クレジットカードで一番心配なのが不正利用で勝手に使われた時のことです。誰かに勝手に使われて自分がそのお金を支払わないといけないのは腹が立ちますよね。

でも、このサイトで紹介している三井住友VISAカードは不正利用の対策に力を入れています。だから大学生が初めて作るクレジットカードとしておすすめしている側面があります。

まずクレジットカードに「ICチップ」と呼ばれるカード偽造を防ぐ特別なものが付いています。ICチップは複雑な構造をしているのでカード情報を不正に読み取ることができません。

また、カード偽造以外にも紛失や盗難で万が一、何者かに不正利用されたらカード会社に申告した日から60日前までさかのぼって不正利用された全額を三井住友VISAが補償してくれます

だから、ネットショッピングなども安心してカード番号を入力して使えます。

親権者の同意について

クレジットカードを作る時には「親権者の同意」が必要になる場合があります。親権者の同意とは平たく言うと「親の許可」のことです。

未成年である18歳~20歳の大学生は法律によって契約行為の際には親権者の同意が必要になります。

成人している大学生は未成年者とは異なり、法律上において返済を踏み倒したりしたときには自分で責任を取ることになるので親権者の同意は必要ありません。

ただ、三井住友VISA以外のカード会社では成人していても学生に限り、親権者の同意を求める場合があります。

国際ブランドについて

クレジットカードは「国際ブランド」を選ばないといけません。国際ブランドとは会員証と考えると分かりやすいかと思います。

クレジットカードの右下にあるVISA、MasterCardなどのロゴマークが国際ブランドのことで商品やサービスの支払いに使えるかどうかの判断基準になります。

自分のクレジットカードに付いている国際ブランドと支払いをする場所で取り扱っている国際ブランドが一緒でなければいけません。

例えば、ネットショッピングだと支払い方法のページ、お店だとレジに扱っている国際ブランドが付けられているので一目で自分のクレジットカードが使えるかわかります。

そして肝心の国際ブランドは何がいいのかというとVISAがおすすめです。理由は単純に使える場所が多いからです。冒頭で会員証のようなものと例えましたが、会員になっているお店が少ないと使いにくいですからね。

大学生の収入に関して

学生専用カードを作るときは収入面は気にしなくても問題ありません。なぜなら安定した収入がないことを事前にわかった上でカードを発行しているからです。

そのため利用限度額を低く設定して「学生専用」の括りでクレジットカードを発行していますよね。大学生でアルバイトをしていなくても学生専用カードなら作る事ができます。でもその代わり支払いの延滞はNGですからね。

キャッシングは必要ないならゼロ円で

学生専用カードでキャッシング枠を設けるにはアルバイトをしていることが必須条件になります。そのため収入証明書の提出が必要になります(※海外留学除く)。

キャッシングとはお金をATMなどで引き出して借りることです。また、借りた金額に対して利息が付きます。

最初からキャッシングを利用しないならキャッシング枠をゼロ円にして申し込みをしてください。途中で必要だと感じたのであればカードを作った後でもキャッシング枠を設ける事ができます。

クレジットカードを作るとETCカードも作れる

大学生が三井住友VISAカード(学生)を作ればETCカードも作ることができます。発行手数料は無料で、ETCの年会費は1年目は無料、2年目からは一度でもETCを利用したら無料になります。使わないと年会費500円。

他のカード会社だと有料でETCカードを作って年会費も支払わないといけない場合があるのでお得です。

ETCカードは任意で作るか選べるので利用しないのであれば作らなくても問題ない。必要になればクレジットカードを作った後からでもETCカードの作成を申し込めば作れます。発行手数料や年会費は同様です。

奨学金は無担保借入に書かない

大学生だと奨学金を借りて学校に通っている人もいると思います。奨学金を借りている大学生がクレジットカードを作るときには「借入状況(無担保借入)」に注意してください。

奨学金事業は教育事業であることから借入としての扱いを受けません。実質的には借入となりますが、奨学金を受けているからローンに関してマイナスになるということがないように配慮されています。

だから、学生専用カードを作るときに奨学金を借入状況に書く必要はありません。より詳しくは「奨学金を無担保借入に書くとカード審査に落ちる原因になる」で説明しています。

リボ払いは上級者になってから

三井住友VISAカード(学生)には「マイペイす・リボ」と呼ばれるリボ払いがあります。リボ払いとはカードの利用金額に関係なく毎月の支払金額を一定にして支払う方法です。

毎月の支払い金額が一定になることで使いやすくなることがこのサービスの利点なのですが、問題点として本来ならば一月で全額返済するべき金額(元本)に利息が付きます。

となると元本が増加するにつれて利息も比例して増えるため計画的に利用しないと危険なカードとなります

ただ、計画的に利用すると利息を支払わずにポイントを多く手に入れることができます。

マイペイす・リボは毎月支払うリボ払いの設定をカード限度額と同じ金額に設定すればリボ払いで特別に加算されるポイントを利息なしで手に入れることができます。

このように上級者向けテクニックを使えば通常よりも多くポイントを手に入れることができますが、このようなテクニックはクレジットカードに慣れてから使うか判断するべきものなので初めてクレジットカードを作るならリボ払いに設定せずに利用してください

大学生が初めて作るのにおすすめの選抜カード4枚

名称 デビュープラス(18歳~25歳) クラシックカード(学生) クラシックカードA(学生) アミティエカード(学生)
カード画像 三井住友VISAデビュープラスカードの券面 三井住友VISAクラシックカード学生の券面 三井住友VISAクラシックカードA学生の券面 三井住友VISAアミティエカード学生の券面
国際ブランド VISA VISA、MasterCard VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 一年目 無料 無料 無料 無料
二年目 1回使うと無料 無料 250円 無料
ポイント 1,000円=2P 1,000円=1P 1,000円=1P 1,000円=1P
旅行傷害保険 国内 × ×
海外 ×
不正利用 盗難・紛失
ネット補償
その他 詳細 詳細 詳細 詳細

-クレジットカード
-, ,

Copyright© 大学生のクレジットカード特集 , 2019 AllRights Reserved.