大学生にクレジットカードの選び方を紹介します。

大学生のクレジットカード特集

バイトしている大学生は学生専用カードが余裕で作れる

アルバイトで収入を得ている大学生が作れるクレジットカードを紹介しています。クレジットカードに設けられている年齢制限は満18歳以上(高校生を除く)となっているので、ちょうど大学1年生が該当します。

大学1年生でクレジットカードと聞くと少し大人びた気持ちと不安を感じるかもしれませんが、海外旅行や海外留学といった際の海外旅行保険にもなりますし、ネットショッピングの支払いにも活躍するので1枚持っておくことをおすすめします。

大学生の属性はステイタス

クレジットカード業界は大学生というジャンルを一つのターゲット層として見ているので学生は立派な肩書きとして成り立ちます。

大学生は学業が優先ですので安定した収入(正社員)を得るための職業と両立する事は基本的にできませんが、アルバイトや仕送りといったお金を稼ぐ手段を何かしら持っています。

通常であればフリーターなどはカード会社から敬遠されがちなのですが、学生だからこそ時間の余裕を取りやすいので旅行や留学で海外に行くことやAmazonを初めとするネット通販を利用する機会も非常に多い客層になるので、カード会社から見れば学生時代から実際にクレジットカードを使ってもらえば、その後も引き続き利用してくれる可能性があります。

クレジットカードの主役はあくまでも安定した収入を得ている社会人ですが、少しでも顧客を増やすためには学生のうちからカードを使ってもらうことが大切であり、そのためにはアルバイトや仕送りの学生であってもクレジットカードを発行してくれるわけです。

学生向けのクレジットカード

学生専用クレジットカードとは大学に在学中の学生ならアルバイトをしていても、無収入でも作ることができるクレジットカードの事です。

ただ、その代わり月々に使える限度額が一般的なクレジットカードより10万円と低めに設定されています。

従ってアルバイトをしている大学生がクレジットカードを作ろうと考えた時に一般的なクレジットカードを申し込むのではなく学生専用クレジットカードを選んで申し込む必要があります。

学生の審査は簡単?

大学生は学生専用クレジットカードが用意されているほど一つのターゲット層と見られているのでアルバイトや仕送りでどの程度の収入を得ているかなどの審査は厳しくありません。

逆に、カード会社としてはこれから新社会人に成っていく大学生にクレジットカードを作ってもらいたいので審査に対して不安を抱く必要はありません。

その代わり注意すべき点はクレジットカードを申し込みのときに個人情報を入力しなければいけませんが、偽名や偽の住所などで申し込むのだけは避けてください。

ネット上で登録が必要な際に嘘の情報を入力する人がいますが、クレジットカードは経済産業大臣が指定する信用情報機関に個人情報を登録するので後で面倒なことになります。

18歳から20歳までの大学生は親権者の同意が必要です

大学に在学している18歳から20歳までの未成年が学生専用のクレジットカードを作る時には親権者の同意が必要です。

親権者の同意とは未成年の方がアルバイトするときに親御さんの同意書を一緒に提出した記憶があると思いますが、その時と同じ親権者の同意になります。

未成年が雇用契約であるアルバイトをするには親御さんの許可が必要なようにクレジットカードのような契約をする時も同様に親権者の同意が必要です。

また、成人している大学生の場合は親権者の同意は必要ありません。

三井住友デビュープラス

ポイント還元率で選ぶなら三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカード

  • 初年度は年会費無料。
  • 次年度は一度でも利用すれば年会費無料。
  • ポイント2倍、入会後3ヶ月はポイント5倍。

三井住友VISAクラシックカード(学生)

不正利用に強い三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード学生

  • 年会費無料。
  • インターネット不正利用補償や24時間カード監視システム付き。
  • カードで航空券を購入すれば海外旅行保険が付く。

三井住友VISAアミティカード(学生)

女性限定の特典が付く三井住友VISAアミティカード

三井住友VISAアミティエカード学生

  • 年会費無料。
  • 女性限定のクレジットカード。
  • 持っているだけで海外旅行保険が付く。

-クレジットカード
-, ,

Copyright© 大学生のクレジットカード特集 , 2020 AllRights Reserved.